結婚をする前に細部まで話し合いをしよう

言葉に注意する

文面は気をつけて作成しましょう。

結婚式の招待状は、注意しなければならない事が幾つかあります。お祝いの席への招待ですから、不謹慎な言葉は使用してはいけません。 結婚式場で招待状を発注する場合には、プロのコーディネーターが文章を作ってくれますので、安心です。しかし、仲の良い友人であったり、親戚関係の方にちょっとしたメッセージを書く場合もあります。そういう場合に注意が必要になってくるのです。 具体的には、「別れる、離れる、切る」といった言葉を避ける事です。勿論ですが、常識的に考えて、普段からあまり使用しない公序良俗に反する言葉は使ってはいけません。そして、「、」や「。」の使用を控えている場合もあります。こういった句読点は、縁を切るという意味に繋がるからです。 最近では、こういったジンクスのような事をあまり気にしない方も多いです。しかし、気にする方が不快な思いをしないように、気をつけましょう。

オリジナリティ溢れる招待状を作って、コストを削減。

結婚式場と提携している業者に、招待状をお願いするという方が大変多いです。文面の心配もする必要がありませんし、手間も最小限に押さえられます。 しかし、近年では、オリジナル性を重視する方も多く、手作りで招待状を作成する方も増えてきました。そうする事で、コストを下げる事にも繋がりますし、世界で一つだけのデザインが出来上がります。 そういった手作りの招待状作りをサポートしている業者も多いです。招待状の紙だけを販売している業者、印刷を代行してくれる業者、枠などのイラストを提供してくれている業者といった具合に様々です。紙を販売している業者の中には、文面の参考例を無料で提供してくれるところもあります。そして、結婚式場の中には、手作りの招待状に限り、持ち込み可という所もあるのです。 また、招待状を手作りする場合は、配席表や席札も合わせて作ると、よりコスト削減に繋がります。